保護猫カフェ&猫ホテルねこんチのブログ【大阪府泉大津市】

ねこんチの飼い猫と、里親さん募集中の保護猫たちが暮らしている保護猫カフェです。ねこんチのねこ達の日常やイベント情報などを書いてます。

日常

両目がみえないマロンのお話

投稿日:

もう3~6ヵ月ほど前のお話になるんですけどね。

たくさんのお客さんが気にかけて下さっていたので、今日は両目がみえないマロンの事をお伝えしようと思います。

 

4月にねこんチに来た、両目が見えないマロン。
2才くらいの女の子です。

 

とってもキレイな瞳をしていて、
パッと見たところ、見えてないように感じませんね。

 

目が見えないので、怖いと「ガブッ!」と本気噛みしたり、
登ったものの降りれなくなってしまったり、
寝転んでるネコさんにつまづいて怒られたり。

 

ねこんチでの生活はマロンにとっては大変やな・・とも思いましたが。

 

 

ナデナデしてもらって気持ちよさそうにしてたり、
オヤツを出すとニオイのする方を向いてソワソワしたり、
身体の近くでオモチャを動かしてやるとチョイチョイ遊んだり、

当たり前なんですけど
かわいい所もいっぱいあって。

 

 

ねこんチにいれば他のネコさんと同じように
いつかご縁のあるご家族さんが出てくるはずだと

 

「かわいそうやな・・」
というよりは、
「マロンがんばるんやで」
と見守る気持ちの日々。

 

このままねこんチで、里親さんを探しながら暮らす仲間でいるはずだったんですが・・・

 

6月に入って、末期の腎不全だとわかりました。
獣医さんは2才の若さなので、先天性でしょうとの事。

 

投薬やサプリメントのことなど、
獣医さんや腎不全の子を数多くケアしてきたベテランボランティアさんにアドバイスを頂き、

保護主さんと相談しながらねこんチでケアを続けていたのですが、

 

 

好きな時に食べれたり
好きな時にトイレにいけたり

ねこんチより保護主さんの自宅の方が
マロンのペースで生活できるかな、という考えから
6月末、保護主さんの自宅に戻りました。

 

 

自宅に戻ってからは
わりと元気で、よく食べるようになり
薬もサプリも毎日頑張っていたそうです。

穏やかな生活が送れてるんだな、とホッとしてたのですが

 

8月に入ったころから
食欲もなくなり、水も飲まなくなって

保護主さんは毎日点滴に通ったり、
吐き気止めの注射やビタミンなども色々
頑張ってくれたそうですが・・

 

マロンは、お盆に亡くなったそうです。

 

「在宅してる時だったので看取ってあげることができた」

と、報告して下さいました。

 

マロンの事、心配して見に来てくださった方、
かわいいと思って会いに来てくださった方、

ありがとうございました。

 

皆さんへの報告・お礼と
ねこんチにマロンがいた事をどこかに残しておきたくて
数カ月も前のことになりますが記事にしました。

 

 

最後は優しい保護主さんに見守られて
幸せだったと思います。

 

 

 

↓ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

-日常

Copyright© 保護猫カフェ&猫ホテルねこんチのブログ【大阪府泉大津市】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.